食べるラー油

2019.09.18

残暑が厳しいかと思いきや、一気に秋になりましたね。
栗山町は寒くて、朝外を歩くには厚手のフリースが必要です。

最近、保存食づくりが趣味なんだなぁと自覚してきた嫁のアヤカです。

娘が1才半なのですが、娘がお昼寝をする時におんぶひもで背負いながら趣味の料理をするのが日課です。

農産物を使った保存食と言えば、漬物やジャム、果実酒やシロップ漬けがメジャーでしょうか。私も良くピクルスやジャム、シロップを作るのですが、必ず冷蔵庫に常備しておきたい保存食が「食べるラー油」です。

平成の中盤に一世を風靡した食べるラー油。

手作りする際はみじん切りにしたにんにくをジワジワ揚げてカリカリにするのがポイント!

玉ねぎやネギなど色々入れたくなってしまうのですが、水分が多い野菜を入れると揚げ時間が多くなってしまったり仕上がりがベチャっとしてしまうので要注意です。

私のレシピは野菜はニンニクだけ、他はナッツ類でボリュームを出しています。

辛控えめ、旨みいっぱいですよ!

自家製食べるラー油

調理後の量: つくりやすい量。小瓶2つ分くらい

自家製食べるラー油

材料

  • ごま油 70cc
  • 米油(サラダ油や菜種油でも) 60cc
  • むきにんにく 40g
  • ★クルミ 40g
  • ★アーモンド 40g
  • ★ヒマワリの種 20g
  • ★干しエビ 大さじ1
  • ★白ごま 大さじ1
  • ○醤油 小さじ3
  • ○コチュジャン 小さじ2~3(お好みで調整)
  • ○砂糖 小さじ2

作り方

  1. ニンニクは皮を剥いて付け根の固い部分をとり、粗めのみじん切りに。
  2. フライパンに油とニンニクを入れ、温度が上がるまで中火で熱する。
  3. ニンニクから気泡が出てきたら弱火にし、じっくりニンニクが薄く色づくまで加熱する。(15~20分くらい)
  4. アーモンドやクルミを砕く。包丁で刻んでも、ポリ袋に入れて綿棒でたたいても良い。
  5. ニンニクの色が薄い黄色になってきたら★を入れ、中火に温度を上げて1分ほど混ぜる。
  6. 火を止め、コチュジャンと砂糖を入れ混ぜ合わせ、最後に醤油を鍋肌から回し入れる。(※醤油は水分なので入れるとジュワジュワします)
  7. 混ぜ合わせて完成!瓶に入れて冷蔵で1ヶ月以上は持ちます。常温でも日の当たらない場所では長持ちするはず!
https://izawa-farm.com/recipe/934

↑この具沢山な感じがたまらないのである!

 

私がいつも使っているコチュジャンはアイハーブという海外の商品をネットショッピングして、自宅に直輸入しちゃえる!というサイトで購入しています。

iHerb

↑こちらから購入すると、初回10%オフ!
オーガニックやナチュラルな製品を多く扱っているサイトなんです。しかもお安い。。。
お菓子類も海外商品だから甘いかなぁと思いきや、結構おいしい。気になる商品はレビューをよく見て購入しています。

アニーのコチュジャン

↑コチュジャンはこの商品です!

 

他におすすめは、

・シラチャソース(辛酸っぱいアジアのタバスコ)

・チョコレート類

・無糖ココア(安い!)

・アルミフリーベーキングパウダー(安い!)

・ガーリックソルトやペッパー

・カレーパウダー

・ピーナツバター

・メープルシロップ

などなど。商品に書いてある説明が英語のものがほとんどなのですが、英語に抵抗のない人はぜひ使ってみてほしいサイトです!

【ぜひ野菜や農村の楽しさをシェアしてね!】